2009年05月01日

よくあるご質問(ご準備するもののついて)

Q.受講の際に必要な持ち物は何ですか?


A.「着物・袋帯・名古屋帯・半巾帯・長襦袢・肌襦袢・裾よけ・足袋・腰ひも(4〜5本)・ 伊達締め(2本)・前結び用帯板・帯枕・タオル」が必要になります。





Q.着物の種類をあまり持っていないのですが、受講できますか?

A.普段着の着方を中心にお勉強いたしますので、小紋や紬、洗える 着物などをお持ちでしたらその他の種類のお着物をお持ちでなくても問題ありません。 ゆかたの着方も勉強しますので浴衣も使用します。

訪問着や振袖の礼装のみをお持ちの方は、少し練習しにくいですので、ご家族の方・ ご友人様に小紋等をお借りしてお持ちいただければと思います。 帯は名古屋帯・袋帯・半巾帯の3種類が必要になります。





Q.お下がりの着物が手元にたくさんありますが、どの着物で練習すればいいのか、わかりません。


A.最初に、きものの種類、格をひとつずつ説明いたします。
着付けの練習は、浴衣からはじめます。
また、 お手持ちの着物や帯を組み合わせて、TPOに合わせたコーディネートのご相談も承ります。





Q.母や祖母からもらった着物を、たくさん持っているのですが… お稽古で使用していいでしょうか?

A.お稽古に御持参頂いて構いません。また、着物や帯のしみぬき黄変抜き、やけ直し、丸洗い、寸法直しなどのご相談は無料で承りますので、お気軽にご相談ください。





Q.お稽古に使用する着物は、正絹のものでないといけないのでしょうか?

A.ウールや木綿の着物、柔らか物の着物レッスンの時にはポリエステルなどの化繊の着物でもレッスンできます。

場合によっては、着るのに少々コツがいりますが、「絶対に絹でないといけない」という訳ではありません。





Q.貸出用のきものはありますか?

A.基本的にはご本人でご用意いただくことになりますが、どうしてもお持ちでない場合、有料で“黒留袖”“帯”をお貸ししております。

・黒留袖・・・・・1050円(1回) 
・袋帯・・・・・315円(1回) 1050円(1ヶ月)





Q.受講料以外に費用は一切かかりませんか?

A.受講料は以外に、前結び用前板をご使用しての授業となっておりますので、 『前結び用前板(4,200円)・考査料(10,000円、任意)』が必要になります。

お着物はご自分でお持ちのものを使用しますので、ご購入の必要はありません。





Q.以前、他の着付教室で習った時の「前結び用の帯板」や小物があるのですが使えますか?


A はい、もちろん使えるものは使いましょう! 初回受講時にお持ちいただければ講師がご説明させていただきます。




Q.お勤め帰りに受講したいのですが着物や帯を教室で預かってはいただけないでしょうか?


A.誠に申し訳ございませんが、教室のスペースの関係上、また盗難や破損に関しての責任を負いかねますので受講にご持参いただく一切ものをお預かりは原則いたしておりません。

ご了承ください。



| このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。